ソーラーチャージャー
ソーラーチャージャー

ソーラーチャージャー

いつでもどこでも太陽光のエネルギーを利用できるソーラーチャージャー。 太陽光により、ポータブル電源はもちろん、様々なのデバイスに充電できます。
高効率ソーラーパネル高効率ソーラーパネル

太陽光の転換効率が23%に達しており、光を十分に利用した上で太陽光をクリーンエネルギーに転換することができます。

SP 60

SP60は、軽量ながらも、パワフルな発電量を実現しました。長旅でも安心です。

もっと詳しく +
SP 100

二つの100Wソーラーパネルを組み合わせることで 2倍の速度でデバイスを充電できます!

もっと詳しく +
SP 160

折り畳み式は丈夫な素材でできており、持ち運びやすく、旅行、BBQ、キャンプ、ハイキング等に最適です。

もっと詳しく +
製品仕様 製品仕様
製品
セル種類
公称最大出力
公称最大出力動作電圧
公称開放電圧
公称短絡電流
モジュール変換効率
USB-A
作動温度
折畳み寸法
外形寸法
SP 60
シリコン単結晶系
60W
18V
21V
3.3A
23%
5V/2.1A
-20℃~60°C
352*372*35mm
1410*372*2.6mm
SP 100
シリコン単結晶系
100W
18V
21.6V 
6.05A
23%
5V/2.4A
-20℃~60°C
525*350*50mm
1410*525*3mm
SP 160
高効率単結晶シリコン
160W
18.5V
24V
9.2A
23.5%
5V/2.4A
-20℃~60°C
550*442*55mm
1768*550*5mm
...
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
ポータブル電源を選んだ理由 ポータブル電源を選んだ理由
ソーラーチャージャーの仕組み
ソーラーチャージャーの仕組み ソーラーチャージャーの仕組み

太陽光発電では、ソーラーパネルが太陽の光を受けることで電気が発生します。これは「光電効果」と呼ばれる仕組みです。世界にある物質の最小単位は原子で、原子核の周りを電子が回っているという構造をしています。そこに光(光子)が当たると、光のエネルギーで原子核と電子のつながりが切れて、電子が外に飛び出してくるのです。光電効果はソーラーパネルでなくても起こりますが、そのような場合、発生する電子の量はわずかで、しかも電子は外に飛び出すと、すぐにどこかへ行ってしまいます。

 

また波長の長い、弱い光エネルギーだと光電効果は起こりません。そこで、できるだけさまざまな波長の光を利用して光電効果を起こさせ、そこからできた電子を飛ばさずに電気として利用するために、太陽光発電の太陽電池はシリコンなどの半導体を使用して作られています。半導体は、強い短い波長の光より、少し弱い光でも光電効果を起こさせることができ、発生した電子を特定の方向に流します。そのため電子を電気として使うことができるようになるのです。その太陽電池を、風雪などの自然環境で傷まないように保護する素材で包み、板状にしたものがソーラーパネルです。

出典:https://looop.co.jp/epc/column/column.html?seq=9


もっと詳しく +
Aiperソーラーチャージャーの特徴
Aiperソーラーチャージャーの特徴 Aiperソーラーチャージャーの特徴

折りたたみしたソーラーパネルはノートパソコンとほぼ同じサイズです。片手でも簡単に持ち運べます。


丈夫なポリエステル布地を使用しております。また高耐久PETポリマーによる
ソーラーパネル構造で、突然の雨や雪等でも耐えられます。高品質のソーラーパネルは長年使用できます。

スタンド付でソーラーパネルを自由に調整でき、角度も最大45度まで調整が可能であるため太陽からより多くのエネルギーを収集できます。


もっと詳しく +
並列充電
並列充電 並列充電

すべてのAiper SPシリーズソーラーパネルを組み合わせられます。

二つのソーラーパネルを並列しますと、2倍の速度でデバイスを充電が可能となります!

もっと詳しく +
From 12/16-12/31,Save Up To 25% on Batteries!
HRS

:

MIN

:

SEC
楽天市場