ポータル電源とは?おすすめの使い方・選び方
By: 時間:2020-04-10

ポータル電源とは?おすすめの使い方・選び方


ポータブル電源は、防災対策としてだけでなく、キャンプや釣り、車中泊などのアウトドアシーンやテレワークにも便利に使える製品です。

今回は、ポータブル電源のおすすめの使い方や選び方について紹介します。


ポータブル電源とは


ポータブル電源とは、本体内蔵のバッテリーに予め電気を備えておくことで、電源コンセントが無い場所でもスマホやパソコン、家電製品などに電力を供給することができる充電式蓄電池のことをいいます。

ポータブル電源と聞くと防災グッズというイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では持ち運びしやすい軽量タイプのポータブル電源も多く販売されており、キャンプや釣り、車中泊などのアウトドアシーンでも便利に使えると注目を集めています。

 

ポータブル電源はどう使う?おすすめの使い方


せっかくポータブル電源を購入するなら、さまざまなシーンで便利に活用したいですよね。まずは、ポータブル電源のおすすめの使い方を紹介します。


ポータブル電源のおすすめの使い方


防災・停電対策として


ポータブル電源は、一家に一台あると万が一の災害時や停電の際に活躍します。

特に暑い夏や寒い冬の時期は、停電によってエアコンが使えないことで、健康被害が懸念されます。また、テレビが使えないことから、最新の被害状況や避難指示、電力復旧の見通しなどの情報が得られなくなってしまう可能性もあるでしょう。

そんな時に活躍するのが、ポータブル電源です。

ポータブル電源は、電気毛布や扇風機などへの送電が可能です。また、スマホの充電も繰り返し行うことができ、製品によっては冷蔵庫や炊飯器への送電もできるため、停電が長期間続く場合にも慌てることなく対処することができます。

 

キャンプ電源として


キャンプでポータブル電源を使用


キャンプ場では電源サイトを利用するという方も多いのではないでしょうか。特に寒い冬のキャンプでは、電気毛布や電気カーペットを持ち込んで利用できる電源サイトがとても人気です。

しかし、キャンプ場の電源サイトは消費電力の上限が決められていることが多いため、電力が不足してしまうことも少なくないでしょう。また、行きたいキャンプ場に電源サイトが無い場合や予約が取れない場合など、キャンプでは電源が利用できないことも珍しくありません。

そんな時におすすめなのがポータブル電源です。軽量で持ち運びやすく、かつ大容量なポータブル電源をキャンプ場に持ち込めば、電源サイトから供給される電力と合わせて利用することが可能です。

また電源サイトの無いキャンプ場であっても、ポータブル電源を持ち込むことで、ホットプレートや炊飯器などの調理器や、電気毛布、扇風機などの電化製品を使うことができるため、快適なキャンプを楽しむことができるでしょう。

 

車中泊にも活用


車中泊でポータブル電源を使用



オートキャンプ場や自動車での長距離旅行で車中泊をするときにも、ポータブル電源の活用がおすすめです。

車中泊に便利なLEDライトやハンディ掃除機、小型冷蔵庫や小型テレビ、もちろんスマホやパソコンの充電にも利用できます。

また、シガーソケットや太陽光を利用して充電できるタイプのポータブル電源を選べば、長期間の車中泊でも繰り返し充電しながら使うことができます。

 

DIYや家庭菜園も便利


屋外で電動機器を使って作業



DIYや家庭菜園が趣味だという方にも、ポータブル電源はおすすめです。

ポータブル電源があると、屋外でもさまざまな電動機器を使って作業を進めることができます。また、暑い夏には扇風機やサーキュレーター、寒い冬には電気ストーブなどが利用できるため、屋外での作業が億劫になりがちな季節でも快適に趣味を楽しめるでしょう。

 

庭やベランダでテレワークもできる


ポータブル電源でパソコンを充電



最近は自宅でテレワークをされる方も増えていますが、自宅で仕事をすることで、オンオフの切り替えが難しい、家族の声やTVの音が気になって仕事に集中できないなどの悩みを抱える方も多いようです。

そんな時には気分を変えて、庭やベランダで仕事をしてみるというのはいかがでしょうか。ポータブル電源を活用すれば、庭やベランダなどの屋外でのテレワーク中も、ノートパソコンやスマホの充電を気にする必要がありません。

また、扇風機やサーキュレーター、電気ストーブも使うことが可能です。

 

ポータブル電源はどう選ぶ?おすすめの選び方


さまざまなシーンの利用におすすめのポータブル電源ですが、いざ欲しいと思っても、どんなものを買えば良いのか、ポータブル電源の選び方が分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで続いては、ポータブル電源を選ぶときにぜひ参考にして頂きたい、おすすめの選び方を紹介します。


大容量のバッテリーで選ぶ


ポータブル電源を防災用、アウトドア用などさまざまなシーンで活用したいという方は、大容量バッテリーのものを選ぶのがおすすめです。

ポータブル電源の容量は、ワットアワー(Wh)という単位で記載されており、ワットアワー(Wh)の数値が大きいほど、大容量のポータブル電源ということになります。

また、ポータブル電源を選ぶときは、利用する電化製品の消費電力量も同時にチェックしておきましょう。電化製品にはワット(W)という消費電力量が記載されています。

例えば、ポータブル電源に記載された容量が1000Whであれば、消費電力量が1000Wの電化製品を1時間利用できるポータブル電源だという見方ができます。

だいたい200~300Whのポータブル電源で電気毛布が3~4時間、サーキュレーターが14~15時間ほど、1000Whのポータブル電源で電気毛布が10時間以上、サーキュレーターが50時間以上使えますので、目安にしてみてくださいね。


ポータブル電源でサーキュレーターなどに給電


充電方法で選ぶ


ポータブル電源は、内蔵バッテリーを充電することで繰り返し使うことができます。

ポータブル電源の充電方法には、AC式充電、ソーラーパネル式充電、シガーソケット式充電などの種類があり、複数の充電方法に対応しているポータブル電源もあります。

複数の充電方法に対応しているポータブル電源を選ぶと、普段はACコンセントを利用して充電し、アウトドアや災害時はソーラーパネル、シガーソケットを利用するなど、利用シーンによって充電方法を使い分けることができます。

 

出力端子の種類や数で選ぶ


ポータブル電源を選ぶときは、出力端子の種類と数も必ずチェックすることをおすすめします。

例えば、ポータブル電源で電気毛布やホットプレートなどの家電製品を使いたいという方は、AC出力端子が備わったポータブル電源を選ぶ必要がありますし、スマホやパソコンなどのデバイスを充電したいという方は、USBポートがあると便利です。

また、複数の出力端子が備わったポータブル電源や、数台のデバイスを同時に充電できるポータブル電源も販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。


数台のデバイスを同時に充電できるポータブル電源


サイズや持ち運びやすさで選ぶ


ポータブル電源を選ぶときは、サイズや重さも重要なポイントです。

ポータブル電源は、あまり大きすぎて重いものだと、持ち運びがしにくいことから使うのが面倒になってしまうことがあります。防災用として自宅に備えておくだけなら問題ありませんが、せっかくならさまざまなシーンで利用したいですよね。

一方で、サイズや軽さだけを重視してポータブル電源を選んだ結果、容量が少な過ぎて使いたい電化製品が使えないというケースもあるため、ポータブル電源を選ぶときは、できるだけ軽量で持ち運びがしやすく、かつ容量の大きなポータブル電源を選ぶのがおすすめです。

 

ポータブル電源Aiperがおすすめ!


軽量で大容量のポータブル電源なら、ぜひ「Aiper(アイパー)」をご検討ください。

Aiper(アイパー)は、さまざまな利用シーンを想定して開発されており、軽量で持ち運びしやすいコンパクトボディと超大容量のバッテリーを兼ね備えたポータブル電源です。

防災対策としてはもちろん、キャンプや車中泊などアウトドアシーンでも使いやすく、必要な容量に合わせて4種類の製品からお選び頂くことが可能です。

コンセントからの充電だけでなく、カーチャージャーやソーラーチャージャーによる充電と、8台までのデバイスを同時充電することもできます。

さらに、防火材料で作られたAiper(アイパー)本体は、耐久性と放熱性に優れており、事故を未然に防ぐ安全機能も備わっているため、ポータブル電源を始めて使うという方にもおすすめの製品です。ポータブル電源をご検討の際は、Aiper(アイパー)をチェックしてみてくださいね。









シェアする
From 12/16-12/31,Save Up To 25% on Batteries!
HRS

:

MIN

:

SEC
楽天市場