キャンプ道具は何が必要?あると便利なポータブル電源とは
By: 時間:2021-01-07

キャンプ道具は何が必要?あると便利なポータブル電源とは


キャンプ道具は何が必要?あると便利なポータブル電源とは


家族や仲間同士で楽しむだけではなく、最近はひとりの時間をゆっくり過ごすことができるソロキャンプの人気も高まっています。キャンプに行ってみたいけれど、キャンプ道具として何を揃えたら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、初心者が用意すべき基本的なキャンプ道具や、あると便利なおすすめのキャンプ道具を紹介します。

 

基本的なキャンプ道具


まずは、キャンプ初心者が用意すべき基本的なキャンプ道具を紹介します。

 

  • チェア


キャンプ道具として初心者がまず準備しておきたいのが折りたたみチェアです。


折りたたみチェア



アウトドア用の折りたたみチェアは、2,000円前後のものから1万円以上するものまであり、形状もさまざまです。数名が一緒に座れるベンチタイプ、背もたれがないスツールタイプ、背もたれ付きのチェアタイプなどがありますので、キャンプの目的に合ったチェアを選ぶと良いでしょう。


キャンプ道具としてチェアを選ぶときは、コンパクトに折りたためるもの軽くて持ち運びやすいもの、そして耐久性の高いものを選ぶのがおすすめです。

 

  • テーブル


キャンプ道具としては、チェアだけでなく、野外で食べ物や飲み物を置くテーブルも必要です。チェアの高さと合うテーブルも用意しておくと良いでしょう。


チェアとセットになったキャンプ用のテーブルが販売されています。耐久性が高く、コンパクトに折りたためる軽量タイプを選ぶのがおすすめです。

 

  • テント・タープ


キャンプ道具の基本と言えばテントですが、日帰りキャンプやオートキャンプの場合、テントは使わないこともあります。しかし、日帰りキャンプの場合でも、強い日差しが急な雨などから守るためにタープがあると便利でしょう。タープは、日差しや雨などから身を守るためだけではなく、ちょっとしたプライベート空間を作る役目も果たしてくれます。


ワンタッチで設営できるタープや、テントのように全体を囲む形状のタープ、ポールを立てて三角状になるタイプなどがありますので、目的に合わせて選びましょう。

 

  • バーナー・コンロ


キャンプ道具として調理道具を用意するなら、バーナーやコンロが必要です。

家庭用のカセットコンロなどを使うこともできますが、屋外で使う場合は家庭用のカセットコンロは風に弱いため、アウトドア用のコンロを用意しておくと良いでしょう。

 

  • クーラーボックス


クーラーボックス


キャンプ場で調理する食材や飲み物を保管するのに必要なキャンプ道具がクーラーボックスです。


クーラーボックスを選ぶときは、目的や人数によってどれくらいのサイズが必要なのかを重視すると良いでしょう。食材と飲み物を別々に保管するなど、複数用意しておくのもおすすめです。

 

  • 食器・カトラリー


初心者がキャンプ道具を揃える場合、意外と忘れがちなのが食器やカトラリーです。


キャンプ場で食事をするなら食器や箸、スプーンやフォークが必要になるため、忘れずに用意しましょう。


キャンプに便利な食器やカトラリーは、100円ショップでも購入できます。

 

  • 寝具


宿泊を伴うキャンプの場合には、マットや寝袋などの寝具を用意する必要があります。


どんな季節にキャンプをするのかによって、選ぶべき寝具は異なります。キャンプ道具の基本ともいえる寝袋は、冬用と夏用で機能が異なりますので、注意して選びましょう。また、寒い冬場のキャンプ道具としては、電気毛布を用意しておくと安心です。

 

  • ランタン


ポータブル電源とLEDランタン


日帰りキャンプの場合は必要ありませんが、泊まりでキャンプに行くならランタンがあると便利です。


ランタンとは吊り下げ式の照明器具のことで、最近はLEDタイプが主流となっています。


周辺を明るく照らすだけではなく、ランタン1つでキャンプ気分をぐっと盛り上げることができます。

 

レンタルできるキャンプ道具


キャンプ道具


キャンプ道具は、キャンプ場によってはレンタルが可能な場合もあります。


特にキャンプ初心者の場合、使い方が分からないキャンプ道具については、最初から購入するのではなくレンタルを活用するのもおすすめです。キャンプ場でキャンプ道具の貸出しがされているだけでなく、初心者向けのキャンプ道具一式をセットでレンタルできるお店もあります。


また、キャンプ場までの移動手段が電車という場合はテントやタープ、テーブルなどの大型のキャンプ道具を持ち運ぶのは大変なため、敢えてレンタルするというキャンパーも多いです。テントのレンタル料は1泊2日で5,000円程度から13,000円程度、タープのレンタル料は1泊2日で4,000円程度から8,000円程度で、利用人数によってサイズや料金が異なります。テーブルは1泊2日で3,000円程度からレンタルが可能です。チェア付きのタイプのものや高さ調節が可能なテーブルもありますので、人数や好みに合わせて選びましょう。

 

あると便利なキャンプ道具


続いては、キャンプに必ず必要というわけではありませんが、キャンプを快適に楽しむために、持っておくと便利なキャンプ道具を紹介します。キャンプ道具をレンタルすることにして荷物が減ったという方は、ぜひチェックしてみてください。

 

  • ポータブル電源


ポータブル電源



キャンプをより快適に楽しむためのキャンプ道具としておすすめなのが、ポータブル電源です。


ポータブル電源を持っておくと、キャンプ場でもスマートフォンやタブレットの充電ができるというだけでなく、キャンプ場での暑さ対策・寒さ対策として、扇風機や冷蔵庫、電気毛布や電気ストーブが使えるようになります。


また、ポータブル電源があればガスバーナーやコンロだけでなく、ホットプレートやミキサーなどの電気調理道具が使えるようになるため、キャンプ料理の幅も広がるでしょう。


さらに、ポータブル電源はキャンプ道具としてだけでなく、万が一の災害時には防災グッズとして役立ちます。

 

キャンプ道具におすすめのポータブル電源Aiper(アイパー)


Aiper(アイパー)のポータブル電源とソーラーパネル



ポータブル電源「Aiper(アイパー)」は、軽量で持ち運びしやすいボディでありながら超大容量のバッテリーを備えていることから、キャンプ道具としてもおすすめです。Aiper(アイパー)は、コンセントからの充電だけでなく、カーチャージャーやソーラーチャージャーによる充電が可能なため、折りたたみ式のソーラーチャージャー(別売)をセットでご利用頂くことで、大人数のキャンプや長期のキャンプでも、ポータブル電源を繰り返し充電しながら、快適に過ごすことができるでしょう。


キャンプ道具としてポータブル電源をお探しの方は、キャンプに最適な機能が備わったポータブル電源Aiper(アイパー)をぜひご検討ください。














シェアする
From 12/16-12/31,Save Up To 25% on Batteries!
HRS

:

MIN

:

SEC
楽天市場